2006年11月09日

slider

- slider -

順風を駆り上げる寒風
毎日が漆黒の夏のよう
夕雲で憂患なる天を優雅に廻る蜩
響く鳴声は夢の思考を斬り裂くスライダー

がなりたてるは雷鳴
心の隙間に落雷
染みいる様に火傷や凍傷
その傷は枯れたり熟れたりして行き
生まれた完熟の実は蜩達の晩餐のディナー
さぁ 思い切り胸の追憶を斬り裂いて来いスライダー

貴方に逢えない日々は そんなに苦痛じゃない
胸の中にいるし夢の中でも会えるんだから
ただ哀しいのは触れ合い馴れた感触が朧になっていく事

空虚な事などとは一度も思った事は無い
淋しい笑顔や嬉しい泣顔も知っている
でも言葉だけが何時だって邪魔している
溜息で埋め尽くされた部屋は四面楚歌だ
さぁ 斬り込んで千の願いの城壁を打ち破ってスライダー?

・・・春夏秋冬・・・

貴方に逢えない日々は そんなに苦痛じゃない
胸の中にいるし夢の中でも会えるんだから
ただ哀しいのは触れ合い馴れた感触が朧になっていくのが・・・
・・・蜩の様に短命ならば どんなに楽だろうか・・・
こんな弱気じゃ何時までも貴方に逢えないよな?
・・・ス・ラ・・イ・・・ダー・・・

順風を駆り上げる寒風
がなりたてるは雷鳴
空虚な事などとは思った事は無いが
・・・でも・・・
・・・ただ・・・



slider.jpg

音・詩:takuya
posted by type74 at 03:00| Prototype line | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。